資料請求
×

HOME > 富士住建の家づくり > 富士住建の技術(耐久)

耐 久

長く安心して住み続けられる、高耐久住宅

高耐久部材を全棟標準採用し、
極力メンテナンスがかからない住まいを提供します。

維持管理を容易にし、劣化を防ぐ

ハウスシューズ

ハウスシューズ

高耐候性、低汚染性、クラック追従性に優れた住宅基礎の保護工法。

浴室基礎点検口

ヘッダー工法

点検しづらい浴室区画部分を点検できます。

ヘッダー工法

ハウスシューズ

給水・給湯配管はヘッダー工法を採用。漏水の危険性が大幅に減少。抜群の耐久性を誇ります。

透明エルボ

透明エルボ

配水管コーナー部を透明にする事でつまりや汚れの状況を確認できます。万が一、排水トラブルがあった場合、排水管を分解することなく中を確認できます。

基礎貫通スリーブ

基礎貫通スリーブ

コンクリート内にさや管を埋設して、その中にフレキ管を挿入しているので、構造躯体に影響を与えずに排水管の補修・点検をおこなうことができます。

通気工法

外壁と構造躯体の間に空気の通る通気層を作り、基礎土台水切りと軒天の換気口を結ぶ空気の通り道を作ってあります。これにより、躯体内結露(人間で言うと服の下にかく汗)を防ぎ、結露による腐り、カビを防ぎます。

キソパッキング工法

全周換気で、均一にムラなく換気ができ、
土台と基礎の間に空気が流れるので乾燥しやすいのが特徴です。
床下換気口が不要なので、基礎の上端筋の加工も簡単で丈夫な基礎が作れます。

ショールームへお越しください

富士住建のショールーム

エリア
店舗